Currently browsing tag

GitHub

Ruby, Rails, Git再入門 language statisticsはどこまで表示できるのか?

GitHubにはRepository内の言語の割合を色分けして表示する機能がある。この機能は「language statistics」というらしい。この機能について現在、以下の状態まで確認している。 見た通り、色分けは対 …

ビルドが壊れているRepositoryへのPull Requestの良いやり方、または良いcommitのやり方

状況 「Travis CI上でビルドが原因不明で失敗する」という連絡を受け、Travis CIのビルドログを見たところ、bundle exec rakeでこけていることを確認済 そのRepositoryのオーナーではない …

Ruby, Rails, Git再入門 どれだけgemが古くなっているのか計測してくれるGemnasiumのBadgeを導入する方法

GemnasiumのBadgeの設定方法 Gemnasiumにアクセスし、自プロジェクトを表示し、トグルマークをクリックする。 設定ページが開くので、[Badge]のタブをクリックする。 すると、色々なデータ形式が表示さ …

Ruby, Rails, Git再入門 どれだけgemが古くなっているのか計測してくれるGemnasiumを導入する方法

Gemnasiumとは? GitHubのリポジトリを指定することで、Gemfileからどれだけgemが古くなっているのか計測してくれるサービスである。試用期間があるものの、有料である。 Gemnasiumの導入する方法 …

Ruby, Rails, Git再入門 どれだけソースコード中にドキュメントを書いてるかを計測してくれるInch CIを導入する方法

Inch CIとは? GitHubのリポジトリを指定することで、どれだけソースコード中にYARDなどでドキュメントを書いてるかを計測してくれるサービスである。 Inch CIの導入する方法 Inch CIにアクセスし、G …