AsianPLoP 2018の日本語サイトを(勝手に)構築しました

このブログをご覧のみなさん、こんにちは。
こちらで記載した以下の件についての追加記事です。

  • Kiroさんが参加していたので、会へのKPTが出せるようになっていた
    • そこで運営部分で改善点が沢山あったので、文句を言うだけで終わらせるのではなく、次回の時は自分が対応すると主催の人たちに伝えた
    • 暗いと不平を言うよりも自ら進んで明かりを灯しなさい。誰かがやるだろうということは、誰もやらないということを知りなさい

以下を見てもらえば分かる通り、AsianPLoP 2018: 7th Asian Conference on Pattern Languages of Programsの公式サイトはすべて英語で記述されています。

学会へのKPTの中で「日本語サイトがない!」と不平Prblemが出されたので、文句言っている暇あるなら自分で日本語サイト作れば?AsianPLoP 2018運営委員会(Program Committee)に許可貰わずに勝手に以下の通り、日本語サイトを構築しました。

注意されたらすぐに公開停止する所存なのですぞ!!

暗いと不平を言うよりも自ら進んで明かりを灯しなさい。誰かがやるだろうということは、誰もやらないということを知りなさい

許可貰わずに勝手にやった=怒られたら即座に廃止しなければならないこと覚悟で手軽に安くサイトを構築しようと思ったので、Azure BLOB Strage(運用コスト数十円/月)を使って構築しています。特に怒られなければ、次のAsianPLoPのサイトも勝手に日本語化しようと思っていますので、“許可なく、勝手なことすんなこのアホ!”という場合はお気軽にまでご連絡ください。