Azure Mobile AppsでApache Cordovaアプリの作り方

visual_studio_online

このブログをご覧のみなさん、こんにちは。

学生がスマホ向けサービスをRuby on Railsで悪戦苦闘しながら作っているのを目の当たりにし、もっと楽に作る方法があるのではないか?という仮説を検証するのを目的に、Azure Mobile AppsでApache Cordovaを使って、スマホ向けアプリを作ってみました。

Azure Mobile Appsの作成

まず、Azure Mobile Appsが準備しているレールに乗った方が理解も作るのも楽なので、ポータルから以下の通り、作成します。

Mobile Apps Quickstartの作成1

必須項目を記入・選択したら、作成をクリックします。

Mobile Apps Quickstartの作成2

しばらく待っているとAzure Mobile Appsが作成されます。

Apache Cordovaアプリケーションのダウンロード

Azure Mobile Appsが作成されたら、アプリケーションの雛形をダウンロードします。以下のように様々なプラットフォームの雛形がダウンロードできますが、今回はCordovaを選択します。

Apache Cordovaアプリケーションのダウンロード1

クイックスタートのため、Connect a databaseCreate a table APIは何もしなくても自動的に準備してくれるので、楽ですね。Downloadをクリックして、Apache Cordovaアプリケーションをダウンロードします。ダウンロード後、ファイルを解凍します。

動作確認(iOS)

以下のコマンドを実行し、プラットフォームを追加後にアプリを実行します。

$ npm install -g cordova
:
$ cordova platform add ios
:
$ cordova run ios
:

動作確認1

すると、以下のように雛形アプリが立ち上がります。

動作確認2

Azure Mobile AppsにはQuickstartが準備されているので、素早くアプリケーションの作成が行えるので便利ですね。