『DevOps Hackathon Day 1』に参加してきました #devopsjp

http://changesworlds.com/wp//HLIC/3720620a6b4bb6b0d2045a38c940c1b4.png

DevOps Hackathon

本日、2015/9/5に品川グランドセントラルタワーにて行われた、DevOps Hackathon Day 1に参加してきました

内容は

ソフトウエアデリバリのライフサイクルを早める DevOps という考え方。
短期間で開発、運用を繰り返し、一日に5 回以上新しいサービスをリリースする企業も出てくるなど、DevOps のビジネス価値、効果は昨今大変注目されています。しかし DevOps が何を指すのかは人やベンダーによって言うことがまちまちで、その多くはツールのみの話に終始していますが、ツールは DevOps の要素のひとつであり、実際は人、プロセス、さまざまな要素が関係します。
DevOps の本質とは、一体何でしょうか?
本ハッカソンは、アプリケーション開発者そして、インフラ技術者でチームを構成し、DevOps のプラクティスを適用して、Infrastructure as Code の自動化技術を使いながら本物の DevOps が体験できる日本初のイベントです。

というもので、デベロッパーとオペレーター向けのハッカソンです。

Day 1 Agenda

Agendaは以下の通りで、

9:00-11:30: Registration & Breakfast, Hackathon Intro, DevOps Overview, DevOps Practices (presentations & demonstrations), Team Formation
11:30-12:30: Lunch
12:30-17:00: Hackathon

まず最初に講師のDavid TeserさんからHackathon Intro, DevOps Overview, DevOps Practices (presentations & demonstrations)が行われました。2時間半と長丁場だったものの、一つ一つの項目だけで、1セッションできるような内容でそれを短時間で分かり易く要点をまとめて説明してくれていました。また途中にファシリテーター、サポーターの牛尾さんがデモの中でマイクを持ちながらではデモし難いためマイクを持ってくれるボランティアを募りました(同時通訳有りとはいえ英語で)が、ボランティアに名乗り出てくれた人が前に出た瞬間、ペアプロのドライバー役にさせるという巧妙な罠を発動させ、笑いを誘いました。危うく引っかかるところでした、えぇ。

David Teserさんの説明してくれたDevOpsのプラクティスを聞くと、自分自身がまだできていないものが多くありました。それによって自分にどの部分が不足しているのか、またどの部分はできているのかが明確になり、聞いて良かったと感じました。

ハッカソンのチーム編成

ハッカソンのチーム編成は、それぞれ参加者がやりたい内容を名前付きで書き出し、それに対して各自1票投票し、得票が多い上位6つに分かれるものでした。ただ途中手違いで、参加者が33名を30名と誤認した結果、1チーム6名で5つのチームを作れるはずが、3名余る状態になり、最終的には6チーム目は3名でハッカソンに参加することになりました。自分は3名のチームの一人として組ませてもらいました。

ハッカソン

チーム編成も終わるとハッカソンが始まります。自チームはIoT(Internet of Things)からMQTT(MQ Telemetry Transport)でAzure上に構築するCassandraにデータを送る(他にもNode-RED、MySQLを利用)というものでした。ただ、主催者側からAzure PassやVisual Studio Onlineが提供されたので、まず最初はツールを弄くり倒す時間にあてました。自分はVSOに詳しかったので、VSOの設定やVSOへのアカウント追加、Azure Passをメンバ間で共有などを行った後はDockerでCassandraのinfrastructure as codeを担当し、他のメンバはCIサーバをAzure上に構築(DockerやAnsibleなどのインストール)とCassandraに送るデータ周りの設定という具合に作業を分担して進めました。

Docker部分に関しては自分の思慮が至らないために時間を食った部分が多かったです。逆に、VSOに詳しい人が参加者、主催者含めて少なかったようで、VSO職人として他チームが躓いている箇所の質問に答えたり、フォローをしていました。

今日はVSOを使って、Azure上のCIサーバでDockerを実行するところまでで終了し、明日の午後引き続き進める状態です。

朝食&昼食&ドリンク&お菓子

午前中は軽食のサンドイッチにドリンク、午後は昼食としてお魚屋さんのお弁当にドリンクとお菓子などが振る舞われました。ハッカソンは脳みそをかなり酷使するので、糖分を補給しながら皆ワイワイガヤガヤ楽しみながらやっていました。