Visual Studio OnlineとGitHubを連携する方法 Visual Studio Online側準備編 #tfsug

visual_studio_online

Visual Studio Online Supports True Cross-Platform Development – Microsoft Application Lifecycle Management – Site Home – MSDN Blogsに関連して手順を調べた。

前提条件

  • GitHubのアカウントがある
    • ない場合はこちらからアカウントを登録する
  • GitHubにリポジトリを登録してある
    • ない場合はこちらからGitHubにリポジトリを作成する
  • GitHubにPersonal Access Tokenを作成してある
    • ない場合はこちらを参考にPersonal Access Tokenを作成する

Visual Studio OnlineとGitHubを連携する方法 Visual Studio Online側準備編

Visual Studio Onlineにビルド定義を追加する

Visual Studio OnlineがGitHubからソースを取得し、ビルドを行う、ビルド定義を追加する。

Visual Studio Onlineにログインし、プロジェクトの左上のメニューから[BUILD]をクリックする。

Visual Studio Online Home

[BUILD]の画面に移動したら、[+]のアイコンをクリックする。

New build definition

ウィンドウがポップアップしてくるので、使用するビルド定義、ここでは[Visual Studio]をクリックする。

Select build definition

GitHubからソースを取得するため、[Repository]をクリックする。

Set repository

[Repository type]が[Git]になっているので、クリックし、[GitHub]に変更する。

Change repository type 1

Change repository type 2

[Access Token]にPersonal Access Tokenを、ソースを取得したいRepositoryを[Repository]に記載し、[Triggers]をクリックする。

Set repository

[Continuous integration (CI)]にチェックする。

Click Continuous integration

設定を確認後、[Save]のアイコンをクリックする。

Save build definition 1

ウィンドウがポップアップしてくるので、ビルド定義の名前を記載し、[OK]をクリックする。

Save build definition 2

Visual Studio OnlineとGitHubが連携しているか確認する

GitHubの対象リポジトリにコミットし、Visual Studio Onlineがビルドを行わうのか確認する。

GitHubの対象リポジトリにコミットする

README.mdがなかったので、作成し、コミットする。

Create README.md

コミットされたか確認する。

Check repository

Visual Studio Online側のビルドタブを確認する

[Continuous integration (CI)]にチェックしたので、GitHubの対象リポジトリにコミットすると、すぐにビルドが行われる。

Continuous integration