Visual Studio OnlineとGitHubを連携する方法 GitHub側準備編 #tfsug

visual_studio_online

Visual Studio Online Supports True Cross-Platform Development – Microsoft Application Lifecycle Management – Site Home – MSDN Blogsに関連して手順を調べた。

前提条件

  • GitHubのアカウントがある
    • ない場合はこちらからアカウントを登録する
  • GitHubにリポジトリを登録してある
    • ない場合はこちらからGitHubにリポジトリを作成する

Visual Studio OnlineとGitHubを連携する方法 GitHub側準備

GitHubにPersonal Access Tokenを作成する

Visual Studio OnlineがGitHubからソースを取得するのに、Personal Access Tokenが必要なため、GitHubにPersonal Access Tokenを作成する。

GitHubにログインし、右上のメニューから[Settings]をクリックする。

GitHub Menu

メニューから[Personal Access Tokens]をクリックする。

GitHub Settings

[Generate new taken]をクリックする。

Personal Access Tokens

認証要求されるので、パスワードを入力し、[Confirm password]をクリックする。

Confirm password

設定するアクセストークンの権限を確認し、[Taken description]に何のトークンなのか分かるように記述し(ここではVisual Studio OnlineのCI Buildに使うのでそう記述)、[Generate taken]をクリックする。

Generate taken

アクセストークンが表示されるので、メモしておく。

Access Token