Visual Studio OnlineとGitリポジトリ(Bitbucket等)を連携する方法 #tfsug #bitbucket #github

visual_studio_online

Visual Studio Online Supports True Cross-Platform Development – Microsoft Application Lifecycle Management – Site Home – MSDN Blogsに関連して手順を調べた。

前提条件

  • Gitリポジトリを登録してある
    • 今回の例ではBitbucketを使用しているが、GitHubもこの方法でも連携可能。[]

Visual Studio OnlineとGitリポジトリを連携する方法

Visual Studio Onlineにビルド定義を追加する

Visual Studio OnlineがGitリポジトリからソースを取得し、ビルドを行う、ビルド定義を追加する。

Visual Studio Onlineにログインし、プロジェクトの左上のメニューから[BUILD]をクリックする。

Visual Studio Online Home

[BUILD]の画面に移動したら、[+]のアイコンをクリックする。

New build definition

ウィンドウがポップアップしてくるので、使用するビルド定義、ここでは[Visual Studio]をクリックする。

Select build definition

Gitリポジトリからソースを取得するため、[Repository]をクリックする。

Set repository

[Repository type]が[Git]になっているので、クリックし、[External Git]に変更する。

Change repository type 1

Change repository type 2

ソースを取得するRepositoryのURLやUsername、Passwordを[Url]、[Username]、[Password]に記載し、[Triggers]をクリックする。

Set repository

[Scheduled]にチェックする。

Click Scheduled

設定を確認後、[Save]のアイコンをクリックする。

Save build definition 1

ウィンドウがポップアップしてくるので、ビルド定義の名前を記載し、[OK]をクリックする。

Save build definition 2

Visual Studio OnlineとGitリポジトリが連携しているか確認する

Visual Studio OnlineがGitリポジトリからソースを取得して、ビルドを行うのか確認する。

Visual Studio Online側のビルドタブを確認する

[Scheduled]にチェックしたので、時間になるまで待っていると自動的にビルドが行われる。

Build