英語が万国共通語だからといって外国人に英語で話しかけるのはあまり良くない

イタリア人「日本人は堂々と翻訳アプリで会話してくれ」 – Togetterまとめ

みんな英語が万国共通語だと思って当たり前の様に外国人=英語で話すでしょ?けど「英語圏」の人間の事が露骨に嫌いな人は日本人が思ってるより多いの。白人だからって英語で話しかけたら唾飛んできた事もある。日本でも困ってる外国人居たらその人が何人か聞いて翻訳アプリ起動する事が良いかもね。
— 佐々岡@猫の人 (@sasaokameat) 2015, 6月 3

外国人の同僚とチームで業務をしている。その中にフランス出身の人がいて、同じことを言っていた。意味が分からなかったので「なんで?」って聞いたら「外国人から中国語や韓国語で話しかけられたら嫌でしょ?」って返されて、こういう感情を抱くのかと納得した覚えがある。

また、注意しつつもよくやってしまう自分のミスとしては「日本では○○だけど、海外でもそうなの?」と聞いてしまうこと。「その“海外”ってどこのこと?」「アメリカ?カナダ?アルゼンチン?フランス?全部違うよ?」と返され、なるほど!と毎回納得している始末。

同じチームメンバに同じ国出身の人はいないので、ある意味で国際色豊かなチームである。ちなみに日本人も自分だけで、同僚同士は英語でよく話している。