ハイコンテキストかローコンテキストか、それによって、コミュニケーションは異なる

先に補足しておくと、「エンジニアの人の言葉が足りなすぎるでしょ」という意見ももちろんあると思います。こういうコミュニケーションは、お互いの信頼度によっても変わってくるので難しいところです。お互いが相手に伝わるように意識すべきだと思うんですが、 エンジニアから「できない」と言われた時にどういう意味で言ってるのか想像しやすくなればいいなという思いで書いておきます。
エンジニアの「できない」という言葉の裏側 – Konifar’s WIP

同じ人が

やはり知識のある方が歩み寄るべきなんじゃないかなぁと感じました。
エンジニアから非エンジニアに歩み寄る方が捗る – Konifar’s WIP

と言っていて、すごく興味深い。結局これって、“察して欲しい”ってことなんだなぁと。

ハイコンテキストかローコンテキストか、それによって、コミュニケーションは異なる

“コミュニケーションは、お互いの信頼度によっても変わってくる”
エンジニアの「できない」という言葉の裏側 – Konifar’s WIP

とあるけど、そんなことは一切ない

例えば、外国人とコミュニケーションすると、お互いに信頼してようが、あくまで言語によりコミュニケーションを図ろうとし、コンテキストに頼った意識疎通をあまりしない。それはどうしてか?というと、日本と違って、海外の多くの国は多民族の国家で、考え方や文化が一緒とは限らない=明確に言葉で意思表示をしなくては意図が伝わらないからだ。

逆に日本は言わなくてもわかるよね?という話し手が自分の意図を伝える努力やスキルがなくても、お互いに相手の意図を察しあうことで成り立たせている。

ここは日本なんだからハイコンテキスト(お互いに相手の意図を察しあう)でいいじゃないか!と思うかもしれないが、その職場が異なる職種の人間が連携し合うのならばローコンテキストにしないと伝わらない。

エンジニア同士、デザイナー同士、ディレクター同士ならハイコンテキストの会話でもお互いに意図を察し合うことは可能だろう。しかし、ディレクターとエンジニア、デザイナー、テスターなどが同時にコミュニケーションをする場合、お互いのコンテキストは共有していないのだから、ローコンテキストでコミュニケーションをしなければ意図が伝わらないのは当然のことだ。