tmlib.jsの公式エディタツールrunstantからjsdo.itに変えて気付いたこと #tmlib

Hans / Pixabay

以下で書いた通り、コーディングする場所をtmlib.jsの公式エディタツールrunstantからjsdo.itに移行した。

tmlib.jsの公式エディタツールrunstantはふっかつのじゅもん形式なので注意が必要 #tmlib

すると、runstantでは発生しなかった以下のエラーが発生するようになった。

Errors: 1
line xx, col xx, ['name'] is better written in dot notation.

このエラーをぐぐったところ、JSLintが出しているようだ。

固定的なプロパティ参照をするケースにおいて、わざわざブラケットを使用したプロパティ参照をすることのメリットはありません。このような場合、通常はドットを使ったプロパティ参照にした方が少ない文字数でシンプルに記述できるので、このオプションはデフォルト(false)にしておいた方が良いでしょう。
JSLintオプション考察「inefficient subscripting」|もっこりJavaScript|ANALOGIC(アナロジック)

ってことなので、指摘に従って、ドットを使ってプロパティ参照するように変更した。