大阪から戻ったのに疲れが取れない

photo credit: Josh Liba via photopin cc

今までの人生、新幹線に乗った時間は長くても3時間程度。その場合も日帰りではなかったのである意味、新幹線に長時間乗車した際の疲労を舐めていた。

先日の大阪での講演では1日で6時間強も新幹線に乗車していた。そうしたら、次の日になっても疲労が取れなかった。新幹線に長時間乗車していると疲労が溜まってしまう理由は、以下に記載されている通り。

新幹線で東京から新大阪まで移動する場合、行き帰りともグリーン… – 人力検索はてな

長時間乗っていたこと以外に色々と自分自身迂闊な対応を取っていたのも原因としてあげられる。

  • キャリーバッグではなく、Cote&Cielのリュックサックを使った
  • 講演用にMacBook ProとMacBook Proが動かなかった場合に備えてSurface Proの2台持っていった

ただでさえ初めての地である大阪なのに、リュックサックを背負っていたので、両肩に備品の重量がかかり、非常に疲れてしまった。あまり使う機会がないので、Cote&Cielのリュックサックを使ったのだが、大人しく次回以降はキャリーバッグを使うようにしよう…。