RSpecのdescribeとcontextとitとexampleの使い分け

photo credit: Andrew* via photopin cc

以下の引用元が不明だが、それ以外の使い分けについて理解できた。

exampleとitには、アウトプットが何かを記述する。日本語で記述するときはexampleを使う。it “is 〜やit { should be 〜 }のような形で書きたい場合はitを使う。
RSpecの(describe/context/example/it)の使い分け – Qiita

参考情報