12インチMacBookとMacBook Air、MacBook Pro Retinaを比べてみた

Macのモデルを比較する – Apple Store(日本)

軽量でRetinaディスプレイを搭載したMacBook、性能向上したMacBook Air、MacBook Pro Retina…。しかし、重要なのは日頃自分が行っている作業をこなす上でスペックが足りているのかどうかである。その点、13インチMacBook Air、MacBook Pro Retinaを使用した経験があるので、これらと比較することで、コストパフォーマンスやスペックが足りているかどうか分かるというものだ。

そこで今回発表された12インチMacBookと最新のMacBook Air、MacBook Pro Retinaを比較してみた。

項目 MacBook12インチ MacBook Air13インチ MacBook Pro13インチRetina
Retina ×
プロセッサ 1.1GHzデュアルコア Intel Core M 1.6GHzデュアルコア Intel Core i5 2.7GHzデュアルコアIntel Core i5
メモリ 8GB 4GB 8GB
ストレージ 256GB 128GB 128GB
重量 0.92kg 1.35kg 1.58kg
バッテリー駆動時間 最大9時間 最大12時間 最大12時間
ポート数 USB-C ポート x 1 USB 3ポート x 2
Thunderbolt 2ポート x 1
MagSafe 2電源ポート x 1
USB 3ポート x 2
Thunderbolt 2ポート x 1
MagSafe 2電源ポート x 1
HDMIポート x 1
価格 ¥148,800 ¥112,800 ¥148,800

メモリが異なるといった面もあるものの、12インチMacBookはスペック面でMacBook AirやMacBook Pro Retinaに比べると見劣りするものだ。メモリは8GBで固定されており、カスタマイズによるアップグレードができない。CPUも1.1GHzまたは1.2GHzのCore MとMacBook AirやMacBook Pro Retinaに比べて見劣りする。

ただ重量を見てもらうと分かると思うが、12インチMacBookはMacBook AirやMacBook Pro Retinaに比べて非常に軽量だ。そういう意味で、スペックよりも携帯性を重視している人にオススメの1台と言えるだろう。11インチMacBook Airを使っていた人がRetinaディスプレイ目当てで乗り換えるというのはありそうだ。

MacBook AirとMacBook Pro Retinaは既に発売を開始しており、Apple Storeから注文できるが、12インチMacBookの発売日は4月10日とまだ時間があるので、どれを買おうか悩んでいる人は比較してみると良いだろう。