AWSまでの長い長い道のり

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

以前、AWSの本人確認ができないに記載したように、AWSの本人確認ができていなかった。Azureを使っていたのだが、社内で仮想マシンを使う場合、AWSを使わなければならないらしく、JIRAの社内評価をするためにはAWS上に構築せざるを得ず、仕方がないので、AWSを使えるように対応したのだが、そこまでが非常に長い道のりだったので、以下に記載する。

AWSを使えるようになるまでの長い長い道のり

  1. AWSの個人アカウント作成を作ろうとする
  2. AWSの個人アカウント作成で以下のエラーフローに入り、先に進めなくなる
  3. アカウント作成のフローの途中にある電話へのPIN送信時にエラーが出る
    1. evidence001
  4. カスタマサポートに連絡しろと出る
  5. ぐぐってカスタマーサポートの連絡フォームに内容を入力して送信する
  6. エラーと出て送信できない
    1. evidence002
  7. 右下のフィードバックから問い合わせをしようとする
  8. フィードバックからもエラーになる
  9. 社内の人にカスタマーサポートとフィードバック以外でAWSに問い合わせする方法を聞く
  10. ここから問い合わせしてみたら?と言われたので、問い合わせてみる
  11. Amazonから担当部署ではないからカスタマサポートに問い合わせるように手順付きで回答が来る
  12. 回答に記載されている手順でカスタマサポートに問い合わせしたらエラーが出る旨を返信する
  13. Amazonからカスタマサポートからそちらに問い合わせすると回答が来る
  14. カスタマサポートから英語と日本語でそれぞれ問い合わせが発行される
  15. 問い合わせの中に「Call me now/電話する」をクリックしろと書いてある
  16. 「Call me now/電話する」といったリンクはないとカスタマサポートに回答する
    1. evidence003
  17. カスタマサポートから案内に不備があった。正しい手順はこっちだといった連絡が来る
  18. 正しい手順の通りに対応して、無事AWSのアカウントが認証される。

連絡されている手順はできないと言っているのに古い/間違っている?マニュアルの通りに連絡してくるので、対応が完了するまで非常に時間がかかった…。