Mac OS X(Marvericks)でVisioの内容を表示する方法 続編

photo credit: flod via photopin cc

Windowsで書かれたVisioファイルの内容をMacユーザーであるエンジニアが参照する必要があり、今まではWindowsユーザーがVisioをPDFに変換する手間がかかっていた。また、PDF変換を忘れられると、エンジニアがいつまで経っても参照できない、という課題もあった。この課題への解決方法を見つけたので以前記載していたのだが、エンジニアから「めんどいからヤダ」と言われた。この更なる課題への解決方法を見つけたので以下に記載する。

機械にVisioからPDFに自動変換させる

機械にVisioからPDFに自動変換させる方法

以下のサンプルコードのようなrubyスクリプトをVisioの入ったWindowsマシン上で実行すれば良い。

require 'win32ole'

visio = WIN32OLE.new('Visio.Application')
vsd = visio.documents.Open('visio.vsd')
vsd.ExportAsFixedFormat({
  'FixedFormat' => 1,
  'Intent' => 0,
  'PrintRange' => 0
})
vsd.close
visio.quit

関連情報