Gitでremoteのbranchをlocalにcheckoutする方法

photo credit: Jeremy Kendall via photopin cc

自分以外の手により、masterにbranchをマージしようとするビルドが失敗するようになった際に必要になったので、調査した手順を以下に記載する。

前回の調査記録

以下のコマンドで調べる。

$ git checkout --help
:
GIT-CHECKOUT(1)                                                             Git Manual                                                            GIT-CHECKOUT(1)

NAME
       git-checkout - Checkout a branch or paths to the working tree

SYNOPSIS
       git checkout [-q] [-f] [-m] [<branch>]
       git checkout [-q] [-f] [-m] --detach [<branch>]
       git checkout [-q] [-f] [-m] [--detach] <commit>
:

remoteのbranchをlocalにcheckoutする方法

remoteのbranchの確認

以下のコマンドでremoteのbranchの確認をする。checkoutしたいbranchが表示されていない場合は、git fetchを行う。

$ git branch -a
* master
  remotes/origin/master
  remotes/origin/checkout_branch
$ git fetch -a

remoteのbranchをcheckoutする

以下のコマンドでlocalのbranch名を指定して、remoteのbranchのをcheckoutする。

$ git checkout -b checkout_branch origin/checkout_branch