Ruby, Rails, Git再入門 Repository毎にGitユーザーを変更する方法

photo credit: Jeremy Kendall via photopin cc

通常Gitユーザーは1つで十分である。ただ、Private RepositoryはGitlabで管理し、OSSはGitHubで管理する、という運用をしているところもあると思う。そんな時に必要になるRepository毎にGitユーザーを変更する手順を記載する。

globalユーザーを設定する

大抵の人が既に実行していると思うが、最初にglobalユーザーを設定する。設定手順は以下のコマンドになる。

$ git config --global user.name "your name"
$ git config --global user.email "your email"

localユーザーを設定する

globalユーザーを設定されている場合、globalユーザーが優先されるが、以下のコマンドを実行することで、別のユーザーに変更できる。

$ cd [別のGitユーザーを使いたいGit Repository]
$ git config user.name "your another name"
$ git config user.email "your another email"

このコマンドを実行すると、そのRepository限定でGitユーザーが変更される。以下のコマンドで設定内容を確認できる。

$ cat .git/config
[core]
:
[remote "origin"]
:
[branch "master"]
:
[user]
    name = your another name
    email = your another email

これで異なるRepositoryに別々のユーザーでcommitできるようになる。