MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)レビュー

MacBook Proが届いたので、未来の自分に向けてのレビューを以下にまとめる。

前置き

  • MacBook Air 13-inch Mid 2011 -> MacBookPro Retina 13-inch Mid 2014
  • 今まで使っていたMacBook Airは設定したつもりのない設定がてんこ盛りなので、移行アシスタントを使わずに、必要なファイル(アプリケーションやプレゼン資料)のみAirDropで移行

スペック比較

今まで使用していたMacBook Air

MacBook Air 13-inch Mid 2011

購入したMacBook Pro

MacBook Pro 13-inch Mid 2014

レビュー

外見

ディスプレイの縁の部分がシルバーから黒になったことに違和感があったけど、すぐに慣れるし、ブラックはカッコイイ(厨二病)。実際に持ち運んで見ると、今までのMacBook Airとの重量差が200gとは到底思えず、おぃおぃと思ったが、よく技術仕様を調べて見たら、自分が今まで使っていたMacBook Airは1.08kgとその差は500gなので当然のことだった。事前によく確認しよう。MacBook Airは手前側が薄いため、手首と机が接触するのだが、MacBook Proでは水平なため、違和感がある。ただこれもそのうちに慣れるだろう。後は同じ13インチだから気にしなかったが、若干幅と奥行きが違う(自分はMacBook Proの方が大きくなっている)ので、ピッタリのサイズのケースの際は気をつけよう。同様に電源アダプタがMacBook Proの方が若干大きい。

スペック

バッテリーの持ちが全然違う!!と感動して、技術仕様をよく調べたら今までのMacBook Airでは5時間だったのが、MacBook Proでは9時間とほぼ倍になっていた。また、カスタマイズしてメモリを16GBにした影響で、サクサク動くのも好印象。MacBook Airの頃はChromeがメモリ4GBをすべて喰い潰しても足りずにスワップ領域としてディスクも数GB単位で喰い散らかしていたのが、MacBook ProではChromeを起動してもまだまだ余裕がある。最近のものはOSもアプリもメモリを大量に消費して、高速化しているので、メモリに対しては費用対効果が高いように思える。

まとめ

MacBook Proは良い製品。Apple Storeの店員が天使1対応してきてもお釣りが来ると思っておいた方が良い。


  1. クソ対応をしずかったーで変換すると、天使対応ってする…。