Mac OS X(Lion)にHomebrewでPlayを構築する

一緒に仕事しているチームがRailsではなくPlay(Scala)をフレームワークとして選択したので、導入したので手順を残しておく。

要件

  • Homebrewを使ってPlayをインストールする

環境

  • Mac Book Air(Lion)

インストール手順

typesafe-activatorをインストールする

typesafe社のactivatorをインストールせよと英語サイトに書いてあったので、homebrewでインストールする。

$ brew install typesafe-activator

プロジェクト作成手順

Playのプロジェクトを作成する

以下のコマンドを実行すると、まっさらな状態なので、色々なプラグインなどが勝手にインストールされる。

$ activator new
Fetching the latest list of templates...

Browse the list of templates: http://typesafe.com/activator/templates
Choose from these featured templates or enter a template name:
  1) minimal-java
  2) minimal-scala
  3) play-java
  4) play-scala
(hit tab to see a list of all templates)
> 

そもそも一緒のチームがライブラリにPlay(Scala)を選択したのが今回の発端なので、大人しくplay-scalaを入力する。

Enter a name for your application (just press enter for 'play-scala')
> 

とりあえず、ものは試しなので、try-play-sampleを入力する。

OK, application "try-play-sample" is being created using the "play-scala" template.

To run "try-play-sample" from the command line, "cd try-play-sample" then:
/try-play-sample/activator run

To run the test for "try-play-sample" from the command line, "cd try-play-sample" then:
/try-play-sample/activator test

To run the Activator UI for "try-play-sample" from the command line, "cd try-play-sample" then:
/try-play-sample/activator ui

これでtry-play-sampleプロジェクトが作成できた。

$ cd try-play-sample/
$ ls
LICENSE             build.sbt
README              conf
activator           project
activator-launch-1.2.2.jar  public
app             test

Playのプロジェクトを実行する

プロジェクト作成時に起動コマンドが記載されていたので、以下のコマンドを実行する。

$ ./activator run