XcodeからGitを操作する

CUIではなく、GUIでGitを操作したいという人がいたので、調査した結果を以下に記載する。

前提条件(環境)

  • Mac Book Air
  • Homebrewをインストールしている

XcodeからGitを操作する方法

Git プラグインのインストール方法

初期状態では Gitプラグインがインストールされていないので、Gitプラグインをインストールする。

gitを以下のコマンドでインストールする。

$ brew install git

完了後、以下のコマンドの表示結果にgitがあることを確認する。

$ brew list

リモートリポジトリからローカルリポジトリにブランチの内容を取り込む

CUIのgit clonegit pullに相当する操作は以下になる。

  • 「Connect to a repository」をクリックする
  • 「Location」にリモートのURLを入力し、「Clone」をクリックする
  • 認証を求められたら「Continue」をクリックする
  • Cloneに成功したら、「Open Project」をクリックする
  • 「File」 – 「Source Control」 – 「Repositores…」をクリックする
  • プロジェクト名のタブからプロジェクト名を選択し、「Pull」を選択し、「Remote」からブランチ名を選択し、「Choose」をクリックする

コード修正後、ローカルリポジトリにステージング/コミットする

CUIのgit add/git commitに相当する操作は以下になる。

  • 「File」 – 「Source Control」 – 「Commit…」をクリックする
  • 変更内容が表示されるので確認し、コミットしたいファイルの左側にあるチェックボックスにチェックを入れ、下部にあるテキストエリアにコミットメッセージを入力し、右下にある「Commit x File(s)」をクリックする

リモートリポジトリにプッシュする方法

CUIのgit pushに相当する操作は以下になる。

  • 「File」 – 「Source Control」 – 「Push…」をクリックする
  • 「Remoto」に Push 先のブランチ名を選択し、「Push」をクリックする