Eclipse(Juno)からGitを操作する

CUIではなく、GUIでGitを操作したいという人がいたので、調査した結果を以下に記載する。

前提条件(環境)

  • Mac Book Air、Juno(Pleiadesの適用済)

Eclipse(Juno) からGitを操作する方法

EGitをインストールする

初期状態ではGitプラグインがインストールされていないので、GitプラグインであるEGitをインストールする。

  • Eclipseを起動する
  • 「ヘルプ」 -「新規ソフトウェアのインストールを選択する
  • 「追加」をクリックする
  • 作業対象に「Juno」と入力すると勝手に補完される、または名前に「Juno」、ロケーションに「http://download.eclipse.org/releases/juno」を入力する
  • 「Eclipse EGit」をチェックする
  • 「次へ」をクリックする
  • 「完了」をクリックする

リモートリポジトリからローカルリポジトリにブランチの内容を取り込む

CUIのgit clonegit pullに相当する操作は以下になる。

  • パッケージ・エクスプローラー上で右クリックし、「インポート」を選択する
  • 「Git」 – 「Gitからプロジェクト」を選択して、「次へ」をクリックする
  • 「URI」を選択して、「次へ」をクリックする
  • ロケーションのURIに対象のURLを入力すると勝手に補完される、またはホストに「ホスト(githubならgithub.com)」、リポジトリー・パスに「(githubならgithub.comから後のURL部分 /アカウント名/プロジェクト名.git)」、認証の「ユーザ」と「パスワード」にログインするユーザとパスワードを入力し、「次へ」をクリックする
  • pull したい対象のブランチを選択し、「次へ」をクリックする
  • 「ディレクトリー」にローカルで格納するディレクトリを入力し、初期ブランチが自分が選択したものか確認してから、「次へ」をクリックする
  • 「一般的なプロジェクトのインポート」をチェックして、「次へ」をクリックする
  • 「プロジェクト名」を確認し、「完了」をクリックする

コード修正後、ローカルリポジトリにステージング/コミットする

CUIのgit add/git commitに相当する操作は以下になる。

  • パッケージ・エクスプローラーのプロジェクト上で右クリックする
  • 「チーム」 – 「コミット」を選択する
  • コミット・メッセージを入力し、コミット対象のファイルのチェックボックスにチェックを入れる
  • 「コミット」をクリックする

リモートリポジトリにプッシュする方法

CUIのgit pushに相当する操作は以下になる。

  • パッケージ・エクスプローラーのプロジェクト上で右クリックする
  • 「チーム」 – 「リモート」 – 「プッシュ」を選択する
  • 構成済みリモート・リポジトリーに正しい値が入っていることを確認してから、「次へ」をクリックする
  • 認証として「ユーザ」と「パスワード」の入力欄がポップアップするので、自分のものを入力し、「OK」をクリックする
  • 「ソース参照」にはブランチならブランチ名、HEADならHEADを選択し、「宛先参照」には基本的にブランチ名を選択してから、「Add Spec」をクリックする。
  • 「完了」をクリック後、「OK」をクリックする