Mac OS X(Lion)にrbenvでruby 2.0.0を構築する

要件

  • ruby 2.0.0-p0 をインストールする
  • rbenv を使ってバージョンを使い分ける

環境

  • Mac Book Air

手順

rbenv をインストールする

Mac OS X(Lion)にrbenvをインストール – Change The Worlds

こちらを参考にインストールする。rbenv は、ruby のバージョンを切り替えるのに利用する。

ruby-build をインストールする

Mac OS X(Lion)にrbenvをインストール – Change The Worlds

こちらを参考にインストールする。ruby-buildは、rubyのビルドに利用する。

readline をインストールする

Mac OS X(Lion)にrbenvをインストール – Change The Worlds

こちらを参考にインストールする。readlineはirbで日本語を使うのに利用する。

OpenSSL をインストールする

OS Xに標準添付されているOpenSSLでは、SEGVを引き起こす事があるので、OpenSSLをhomebrewでインストールする。

$ brew install openssl

curl-ca-bundle をインストールする

homebrewでインストールしたOpenSSLを使ってRubyをコンパイルするとSSL利用時に証明書エラーが発生する場合があるので、以下の対処をする。

$ brew install curl-ca-bundle
$ cp /usr/local/Cellar/curl-ca-bundle/1.87/share/ca-bundle.crt /usr/local/etc/openssl/cert.pem

Command Line Tools for Xcode をインストールする

Ruby 2.0.0のインストールには最新のCommand Line Tools for Xcodeが必要で、入っていないとインストール時にエラーが発生する。以下のコマンドでバージョンを確認し、最新化する。

$ xcodebuild -version
Xcode 4.6.3
Build version 4H1503

$ gcc -v
Using built-in specs.
Target: i686-apple-darwin11
Configured with: /private/var/tmp/llvmgcc42/llvmgcc42-2336.11~182/src/configure --disable-checking --enable-werror --prefix=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/llvm-gcc-4.2 --mandir=/share/man --enable-languages=c,objc,c++,obj-c++ --program-prefix=llvm- --program-transform-name=/^[cg][^.-]*$/s/$/-4.2/ --with-slibdir=/usr/lib --build=i686-apple-darwin11 --enable-llvm=/private/var/tmp/llvmgcc42/llvmgcc42-2336.11~182/dst-llvmCore/Developer/usr/local --program-prefix=i686-apple-darwin11- --host=x86_64-apple-darwin11 --target=i686-apple-darwin11 --with-gxx-include-dir=/usr/include/c++/4.2.1
Thread model: posix
gcc version 4.2.1 (Based on Apple Inc. build 5658) (LLVM build 2336.11.00)

$ clang -v
Apple LLVM version 4.2 (clang-425.0.28) (based on LLVM 3.2svn)
Target: x86_64-apple-darwin11.4.2
Thread model: posix

rubyをインストールする

$ rbenv install 2.0.0-p0

上記コマンドではエラーが出てインストールできないので、openssl-dir, readline-dirのオプションを明示してインストールコマンドを実行する。

$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=/usr/local/opt/openssl" rbenv install 2.0.0-p0

ruby を有効化する

$ rbenv global 2.0.0-p0
$ ruby -v
ruby 2.0.0p0 (2013-02-24 revision 39474) [x86_64-darwin11.4.2]