今まで挫折してきた人にオススメの書籍である『ITエンジニアの ゼロから始める英語勉強法 英語落ちこぼれでもペラペラになれる!』

これまで、英語学習の書籍は何冊か読んできました。どの書籍・教材も全て、自分のやり方が絶対で、他のやり方は間違っているというスタンスでした。そして、そこに書かれているやり方の多くが私にとって、苦痛でしたが、目的を達成する為に従い、そして、その結果は目的を達成出来ないという踏んだり蹴ったりというものばかりでした。

本書は私の読んだ・体験したそれら英語学習と一線を画するものでした。それは筆者自身が様々なやり方(プラクティス)を実践した結果、そのプラクティスが効果を発揮する前提条件を見つけ、どういった状態の時にそのプラクティスが効果を発揮するのかを解明されています。また、多くのプラクティスに共通する法則を見出だし、それらに沿った形で読者にプラクティスをレクチャーされていました。

また、速攻タイプ、ものぐさタイプ、リスニング/スピーキング強化タイプ、日本語経由で学習したいタイプ、読み/書き専用タイプとタイプ別にどの様なプラクティスで取り組んで行けば良いか書いてあり、しかもそれらプラクティスについて、やってみて合わなければ、またはやりたくなければ別のやり方に変えた方が良いとも書いてあります。もちろん、私自身まだ読み終わったばかりなので、当然ながら結果は出ていません。しかし、この本に書かれているプラクティスであれば、継続していけるのではないか?と感じています。

こういった書籍の場合、結局はただの筆者の自慢話、画一的に自分のやり方が一番と押し付け、高額な教材への誘導が多く辟易していましたが、本書はそういった部分が全くなく、とても好印象を頂きました。そして、この書籍で紹介されたやり方で自分に合ったものであれば、今後も英語学習を継続出来ると感じており、既に書籍で紹介されている教材(紹介されている教材は全て筆者の方が作成したものではありません)を買って、明日の通勤から利用できるように準備済です。

もし、今までの英語学習で“英語学習が辛い”、“英語学習をしても効果が出ない”といった人は本書を読んでみることをお勧めします。本書の文章は著者である牛尾さんらしい文章で書かれており、かなりフランクなものです(例えば、めっちゃという言葉が乱発される等)。硬い文体ではないですが、内容については吟味された珠玉なものですので、最初の部分だけでも一読されてみると良いかと思います。

最後にこの様な良書と出会う機会を作ってくれた著者の牛尾 剛さん、発行の株式会社 日経BPさん、ありがとうございました。