“検査”するのは止めよう

複数のチームのスクラムマスターとなり、ちょうど半年が過ぎました。今まで私は現場での苦労から様々なカイゼンを行ってきました。その中には独自に生み出したものやアジャイルソフトウェア開発やスクラム、TOC、ファシリテーション、コーチングといった既存のものもありました。
様々なカイゼンを実践をする中で、“マイクロマネジメント”や“検査”、“確認”の差をはっきりと理解出来ました。

皆さんは“マイクロマネジメント”と“検査”は違うものだと思うかもしれません。そして、“検査”と“確認”は同じものだと思うかもしれません。しかし、チームを“検査”をしているのにも関わらず、“マイクロマネジメント”になってしまっているという状況に私は何度も遭遇しました。

そして、幸運にもその状況を少し離れて観察することで、そういったことを避ける為に出来る大事なことがあることに気づいたのです。

それは以下のことです。

  • 個人を責めない
  • 手助けをする

個人を責めない

これは何か問題が起こった時や誰かが問題のある行動をしている時にその原因となる“人”を責めてはいけないということです。人は万能ではありませんので、時々間違ってしまうことがあります。何か問題が起こった時に“人”を責めることによって、その人は自分は“確認”されているのではなく“検査”されていると感じてしまうのです。

こう書くと大抵の人が「そんなのは当然のことじゃないか、常に“人”を責めないことは実践しているよ」と言うと思います。しかし、実際はしていないことが多々あるのです。これは例えば、スクラムやXP等のプロセスやプラクティスに従っていない人を見つけた時に即座にそれを問題であると断定するのではなく、“何故”その様な状態になっているのかを相手から“確認”をするということです。その人の背景を“確認”し、その背景ではそう行動するのがより良いのであれば、その状態をムリに変える必要はないのです。何故ならば目的はプロセスやプラクティスに従うことではなく、より良いビジネス価値を顧客に提供することだからです。

手助けをする

手助けをすることは大事だよと言うと大抵の人が「そんなのは当然のことじゃないか、スクラムマスターとして常にスクラムチームを手助けしているよ」と言うと思います。では現在の状況をただ尋ねる様なことをしてはいないでしょうか? 同様に、「それはスクラムチームで決めるものだ」といった突き放す様な態度を取っていませんか? “指示”や“命令”しないことと、手助けをするというのは外からでは一見似ている様に見えますが、その実態は全く異なるものです。外部の妨害からスクラムチームを守ったり、スクラムチームが抱える問題を除去したり、スクラムチームが問題に気づいていなければ気づく切欠となったり、スクラムチームが問題を解決できないと感じていれば、フォロー(これは解決策を教えるということではありません)をするといったことで、スクラムチームの手助けをすることはとても大事なことです。

スクラムガイドにはスクラムは 透明性・検査・適応 の3本柱に支えられていると書かれています。それを知っている人は「スクラムガイドの“検査”とここで言っている“確認”は違うものを指しているのか?」と聞きたくなると思いますが、その質問への私の答えは「分かりません」です。

スクラムガイドの“検査”がどの様な意図で書いてあるのか分かりませんので、違うものなのか同じものなのかについては答えられないのです。

ただ、私がここで言っているのは検査(良いか悪いか診断するチェック)をするのではなく、状態を確認するのが大事なことですよということです。

もし、今うまくいっていないのでしたら、一度ここであげた大事なことを念頭に行動してみてください。